聖書日課

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖霊降臨後第20主日福音書朗読 マルコの福音書10章2−16節

<<   作成日時 : 2009/10/18 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10:2 すると、パリサイ人たちがみもとにやって来て、夫が妻を離別することは許されるかどうかと質問した。イエスをためそうとしたのである。
10:3 イエスは答えて言われた。「モーセはあなたがたに、何と命じていますか。」
10:4 彼らは言った。「モーセは、離婚状を書いて妻を離別することを許しました。」
10:5 イエスは言われた。「モーセは、あなたがたの心がかたくななので、この命令をあなたがたに書いたのです。
10:6 しかし、創造の初めから、神は、人を男と女に造られたのです。
10:7 それゆえ、人はその父と母を離れて、
10:8 ふたりの者が一心同体になるのです。それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。
10:9 こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」
10:10 家に戻った弟子たちが、この問題についてイエスに尋ねた。
10:11 そこで、イエスは彼らに言われた。「だれでも、妻を離別して別の女を妻にするなら、前の妻に対して姦淫を犯すのです。
10:12 妻も、夫を離別して別の男にとつぐなら、姦淫を犯しているのです。」
10:13 さて、イエスにさわっていただこうとして、人々が子どもたちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちは彼らをしかった。
10:14 イエスはそれをご覧になり、憤って、彼らに言われた。「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。
10:15 まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。」
10:16 そしてイエスは子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福された。

 この箇所はクリスチャンの家族に関することを広く取り扱っています。イエスは2節から12節で、結婚が一人の男と女による一生涯の結びつきであることを教えています。13節から16節で、幼子をイエスから遠ざけようとした弟子たちをしかりました。弟子たちのしたことは罪でした。私たちもイエスの祝福から幼子を遠ざけないようにしましょう。イエスのこと、イエスの教え、イエスの祝福を幼子に教えましょう。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖霊降臨後第20主日福音書朗読 マルコの福音書10章2−16節 聖書日課/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる