聖書日課

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖霊降臨後第20主日第二聖書日課ヘブル人への手紙2章9−11節

<<   作成日時 : 2009/10/18 09:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2:9 ただ、御使いよりも、しばらくの間、低くされた方であるイエスのことは見ています。イエスは、死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠をお受けになりました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。
2:10 神が多くの子たちを栄光に導くのに、彼らの救いの創始者を、多くの苦しみを通して全うされたということは、万物の存在の目的であり、また原因でもある方として、ふさわしいことであったのです。
2:11 聖とする方も、聖とされる者たちも、すべて元は一つです。それで、主は彼らを兄弟と呼ぶことを恥としないで、こう言われます

 「しばらくの間、御使い(天使)よりも低くされたイエス」という表現は、神であるイエスが肉体を取ってこの世に現われ、人間として神の戒めに従って生活したことを意味しています。イエスがそうしたのは、すべての人の代理として完全にきよい生活を送り、すべての人の罪を背負って死ぬためでした。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖霊降臨後第20主日第二聖書日課ヘブル人への手紙2章9−11節 聖書日課/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる