聖書日課

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二聖書日課 コリント人への手紙 第二 (2 Cor.) 4:5−12

<<   作成日時 : 2009/06/14 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4:5 私たちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝えます。私たち自身は、イエスのために、あなたがたに仕えるしもべなのです。
4:6 「光が、やみの中から輝き出よ。」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。
4:7 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。
4:8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。
4:9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。
4:10 いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。
4:11 私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されていますが、それは、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において明らかに示されるためなのです。
4:12 こうして、死は私たちのうちに働き、いのちはあなたがたのうちに働くのです。



イスラエル人がともに集まって、神の全能の御業について聞く理由があるとするなら、私たちにはそれにも増して同じようにする理由があります。私たちは、罪と死の奴隷から解放してくださる救い主キリストについて聞きます。私たちが福音を聞く時、私たちは神からの光を受けます。その光はこの世で生きる私たちを守り、私たちが救い主を永遠に礼拝するために、最後の日に私たちをよみがえらせます。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第二聖書日課 コリント人への手紙 第二 (2 Cor.) 4:5−12 聖書日課/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる